防水改修に高反射をプラスアルファしてみませんか

太陽光が直接降り注ぐ屋上…日焼け止めが必要です

 屋上に降り注ぐ太陽光は熱エネルギーに変換され、防水層と建物に蓄熱されます。
 この蓄熱により防水層と建物の経年劣化が促進され、蓄熱が外気に放出されるとヒートアイランド現象の原因になります。

建物と周辺環境保護のために対策が必要です

 防水層のトップコートを高反射塗料にすることで、防水層と建物の経年劣化の促進の抑制とヒートアイランド現象の緩和が可能に!

高反射塗料の効果

 太陽光は物体(屋上)に当たった時点で熱エネルギーに変換されます。
 高反射塗料は太陽光に含まれる温熱効果の高い近赤外線を50%以上の高い率で反射することで、太陽光の総量を削減し、熱エネルギーに変換される量を減少させて、防水層表層及び躯体の温度上昇を防ぎます。

実はこんなにも違っています!

高反射塗料の効果をサーモグラフで比較 防水層の温度推移の比較

 高反射塗料はアスファルト防水だけでなく、ウレタン塗膜防水、塩ビシート防水等の様々な防水層で採用が可能です。
 また、断熱改修と高反射塗料を組み合わせることで、住環境を一段と向上させることができます。
 高反射塗料を塗布することで、防水層の温度上昇を減少させ防水層の耐久性を向上させることができます。